Robomed Network | とは、スマート契約に基づくイノベーション・メディカル・システムです。 " />

Robomed Network

とは、スマート契約に基づくイノベーション・メディカル・システムです。 白書はこちら
Stage 1 is successfully completed. Keep in touch!
RBM tokens on exchanges trading from Dec. 20

Robomed Networkとは。

Robomed Networkは、医療機関と患者間のスマート契約締結をサポートするために、自社のトークンを発行します。 スマート契約は、医療機関による臨床ガイドライン要求への適合性を確保し医療サービス向上に貢献します。Robomed Networkの臨床ガイドラインはRobomed Networkのモチベーションシステムのおかげで新しい目標を目指す医療専門家の協力により絶え間ない改善を図っています。

フローチャート

臨床ガイドライン
適合
不適合
患者
Robomed Network
メディカル・センター

医療管理は、Robomedスマート契約に基づき行われます

スマート契約

国際医療ガイドラインにより管理されています。

治った患者
患者
Robomed Network
メディカル・センター

医療管理は、Robomedスマート契約に基づき行われます

スマート契約

国際医療ガイドラインにより管理されています。

Robomedが使うガイドライン入手ルート

認識、ライセンス/証明書の確認

メディカル・コミュニティ

投票1件ごとに、RBM通貨がもらえます。

クリニカルパスの評価基準の作成及び投票

ケースのランキング 知識データベース 患者コミュニティー

投票1件ごとに、RBM通貨がもらえます。

基準更新に関する投票

ケースの多様性

市場

世界での一人当たりの費用
  • 高額な非医療費
  • R&Dの可能性が多様である
  • 広範なインフラ
  • 熟練した医療スタッフが殆どである
  • 十分なインフラ
  • R&Dの可能性が小さい
  • 熟練した医療スタッフが少ない
  • レベルの高い医療には別途費用がかかる
市場規模:4兆6千億ドル
  • 36% - 北アメリカ
  • 28% - 欧州連合
  • 22% - 東アジア及び太平洋地域
  • 4% - 中南米
  • 4% - 中央アジア
  • 2% - インド
  • 2% - アフリカ
  • 2% - アラブ世界
目標市場:8千億ドル
  • 61% - 公共部門
  • 28% - 事故負担総額
  • 10% - 民間保険
  • 1% - 外部援助

経済モデル

ICO基金の使用目的
  • 70% - 積立金
  • 15% - 開発
  • 10% - マーケティング
  • 3% - 業務プロセス
  • 2% - 司法サービス
営業収益の仕様
  • 54% - マーケティング
  • 17% - の利益
  • 12% - 開発
  • 9% - 研究開発
  • 6% - 業務プロセス
  • 2% - 司法サービス

歴史

Robomed EHR ベータ版 2016年の第一四半期
オープンAPI 2016年の第二四半期
第一号のクリニックと契約 2016年の第四四半期
データベースは100万人を突破 2017年の第一四半期
スマート契約の開発終了 2017年の第二四半期
トークン発行 2017年の第四四半期
3つのソフトウェア製品の開発終了
20箇所のクリニックと契約
データベースは170万人を突破
2900件の臨床ガイドラインをデジタル化
ガイドラインに従い患者の治療を行う医者には報酬が支払われます。

Our team

team
William Peckham (孙哲安) Business strategy development

Partner and Investment Director at Central Capital, a boutique investment management company built out of a family office in Beijing. He serves as an active advisor to Sdeals, an inventory clearance tech startup, as well as advisor to numerous other local and foreign tech startups in China.

Jean-Elie Malkin Medical director

Senior medical expert. Ex-Director of Global Alliance for Health and Social Compact (GAHSC). Highly experienced in building relationship with political decision makers at highest level: Presidents, Prime Ministers, Ministers of Health and Finance. Proficient in development, implementation and management of various managed care programmes.

team
Philipp Mironovich Co-founder

The founder of several projects in medicine and IT. 7 years of successful entrepreneurship in the medical market, finalist of the EY 2015 "Entrepreneur of the Year" award.

team
Andreas Kumbroch CTO

Mr. Kumbroch serve as Managing Director by Allocate Software GmbH and is responsible for the German, Swiss and Austria market. Ex-Managing Director for Strategy Business Development by Compugroup Medical in the LAB Segment and before Compugroup take over vision4health Laufenberg & Co.in January 2014, Mr. Kumbroch co-founded vision4health GmbH & Co. KG in June 2007 and serves as its Chief Executive Officer and shareholder.

team
Caroline Maslo Medical expert

Dr Caroline Maslo is a Medical Doctor. She holds a PhD and has over 20 years’ experience in clinical practice at the Paris’ hospital group “Assistance Publique-Hȏpitaux de Paris”. In 2003, she moved to South Africa and launched an HIV clinic in Soweto. In 2005, she moved to the private sector and has been working in the quality leadership and disease management area for the last 12 years.

team
Ivan Devyatkov Co-founder

Healthcare sector expert, 9 years of working experience in healthcare sector with western IT companies, transforming the knowledge onto the Russian Market. In the past involved in building the second biggest Laboratory player on the Russian market from scrap through automation, scaling and multiplication of the business model and selling it to Western equity funds and EBRD.

team
Vasily Kuznetsov Marketing & Events

Co-Founder of the biggest Russian blockchain community. Experienced tech entrepreneur. High level of proficiency in marketing and community management.

team
Maria Agranovskaya Legal

Attorney at Law with 20+ years of experience. M&A, other transactions in insurance, banking, energy, telecom and other sectors - tax optimisation and structuring management of more than 200 companies. Substantially engaged in blockchain technology and ICO (TGE) related projects. Fluent in English, German, French, Italian, Spanish.

Our advisors

team
Тhomas W.
Feeley

Thomas W. Feeley, M.D. is a Senior Fellow at the Harvard Business School. He headed the Institute for Cancer Care Innovation at the University of Texas MD Anderson Cancer Center until 2017.

team
Anthony Provasoli

Partner at the law firm Hassans. Manages the department of blockchain projects. Specializes on Gibraltar-base ICOs.

team
Yury Krestinskiy

Director of Skolkovo Health Economics and Management Centre, owner of Bionika group. Started his first business in 1991 in the publishing industry, came to healthcare and pharmaceutical industry in 1992 as the head of one of the first wholesale companies in Russia.
Yury invests in highly diversified projects embracing film production, fitness industry, venture projects and helps young entrepreneurs actively.

team
Philip McMaster (“DaLong” in China)

Global advocate for Blockchain Technology and Individual Social Responsibility (ISR), Philip understands the need for Robomed as someone who has required and used medical services from Mount Everest to big cities in China and the Brazilian Amazon. Philip appreciates medical personnel standards of authenticity, health science background, compassionate judgement and experience with cultural differences and pressure.

Our partners

ICO milestones
集めたETH 段階
bar
  • 50 000 25 000
    Stage 6 アメリカへ導入
  • 50 000 25 000
    Stage 5 導入地域 西アジア、オーストラリア、オセアニア /
  • 50 000 25 000
    Stage 4 西ヨーロッパへ導入
  • 50 000 25 000
    Stage 3 中南米へ導入
  • 50 000 25 000
    Stage 2 東アジアへ導入
  • 100 000 75 000 50 000 25 000
    Stage 1 東ヨーロッパへ導入 100% 開発 + オペレーション 75% 開発
トークン配分
  • 70% - 購入
  • 25% - 長期寄付金/基金
  • 5% - 初期段階からの寄付者、創業者

創業者への証券所有権の移転は、2年以内に6ヵ月ごとに行われます。初期段階からの寄付者への証券所有権の移転は、6ヶ月に3ヵ月ごとに行われます。

ICOボーナススケール
ベースプライス 1 ETH = 2078 RBM
先行予約販売の価格 1 ETH = 2702 RBM
chart
0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90%
ICOトークンの販売量 %

プレゼンテーション

9月7日
ブロックチェーン&ビットコインコンファレンス ストックホルム、スウェーデン
9月25日
ワールドブロックチェーンフォーラム-投資&ICO ロンドン、イギリス
9月26日
ブロックチェーン・ミドルイーストフォーラム ドバイ、UAE
9月23日
ブロックチェーン&ビットコインコンファレンス ストックホルム、スウェーデン
9月24日
ワールドブロックチェーンサミット ドバイ、UAE

FAQ

  • 市場に進出してからRBM通貨はどうなるの?
    • プロジェクト開発段階では、価値重視の医療サービスに対する需要が飽和限界へ達するまで、RBMトークンの毎月の購入量が販売量(その他通貨への変換量)を上回ると考えられます。従って、本製品が需要に応えることを前提に、長期的にはRBMトークンの価格が上がるでしょう。

  • お客様が医療サービスを対象とするRBMスマート契約を購入する理由は何?
    • 答えは明らかではないけど、簡単です。医療業界は、安定した財務状況下で患者及び社会にとって重要な結果達成を常に目指していかなければなりません。しかし、我々が提供しなければならない患者の治療結果が明確に規定されていない場合、上記の目標が達成できません。さらに、.医療費はだんだん高くなっていき、その大部分が価値の低い診断法や療法及び臨床的エラーの結果に関連しています。我々は、効率を向上させながら、全世界レベルで1年につき1兆ドルを節約できます。節約される金額を最先端の開発や病気予防対策のために使うことができれば様々な可能性が現れます。自己負担になったら、誰も自分のお金と時間を使いたくありません。我々が開発したツールはその場合に役に立てます。

  • 臨床ガイドラインをどうやって作り、どうやって要求に応えるように維持するの?
    • Robomed Networkは、医療サービスの効率基準を 分散管理できるツールを含みます。投票1件ごとにRBM通貨がもらえますので、メディカル・コミュニティーの積極的な参加が着たいできます。また、メディカル投票に参加するRBMトークンの持ち主の資格は、認証プロセス中に確認されます。我々は、メディカル・コミュニティーの総合知識が助けになると確信しています。既に2900件以上の臨床ガイドラインがデジタル化されました。

  • 病院がEHR(電子カルテ)システムの導入を拒否する場合、どうしたらいい?
    • 医療サービスの供給者は、Robomed EHRシステムの導入をしたくない場合、他のEHRシステムを使い、専用APIを通じてRobomed Networkへ接続できます。但し、 上記の供給者はHL7 (または FHIR)基準に従い通信プロトコルを遵守しなければならない。

  • 御社のお客様はどんなお客様?
    • 我々のお客様は、健康上の問題を抱えており、保険に加入していないお客様です。このお客様は、時間とお金に限界があるといった状況の中、最良な解決方法を探しています。我々は解決方法をご提供します。

  • RBMスマート契約履行の際に異常な結果がでた場合、どうしたらいい?
    • 臨床例の9割以上は日常的であるが、異常事態が発生する場合もあります。その場合、当該患者のデータの入る電子カルテ(患者の身元情報を除く)は、Robomed Networkのメディカル・コミュニティーが優先的に審査します。

  • 医療サービス提供者による臨床ガイドラインの実行を評価する際、どの基準が使われるの?
    • 各臨床ガイドラインは、提供されたサービスの内容と医療データを含みます。このパラメーターの値に基づき、Robomedの結果が評価されます。リアルタイムでの記録とブロックチェーン技術の安全性は、評価に使われる実際のデータ提供を確保します。

  • スマート契約とは何?
    • スマート契約とは、情報交換や契約の履行の容易化・確認・確保に使われるコンピュータープロトコルを意味します。スマート契約の支持者は、多くの契約条項の一部または全部が、外部から強制されず有効となり履行されなければならないことを主張しています。スマート契約の目的は、一般的な契約法を超える安全性を確保し、契約締結にかかる経費を削減することです。